So-net無料ブログ作成

健康に生きる [闘病記]

今日は、だいぶくたびれた。生活のリズムが崩れているので、午前中のスケジュールを入れると、当然、その日は、睡眠不足になる。それでも、その次の日は、起きるのを遅くして調整すれば、なんとかズレてはいるが、睡眠時間を確保できるかもしれない。なるべく薬を使わずに寝る時間は確保したい。後、最近気がついたが、夜型になった理由の一つに、夜のほうが仕事がしやすいというのもあるのかもしれない。家で、仕事をすることも多いが、昼間はどうしても家族が割って入ったり、生活音がしたり、と細かく仕事を妨げる要素が多い。その点、夜中は、静かで、仕事に集中できる。作家さんとかが、夜型なのがわかる気がする。これで仕事が捗るなら、それも良いかもしれない。
ただ、ズレていても、睡眠時間が確保できていればいいのだろうか?ゴールデンタイムって、必要なんだろうか。まあ、成長ホルモンの話だけだったら、もう成長はしないだろうけど。もう逆に、睡眠は、とりたいだけとるというのでも良いのかもしれない。なんか、それが一番、健康な気がしてきた。後は、太陽を浴びることと運動。これらが必要な気がする。運動も、歩いたり、自転車をこいだりだけど、なるべく毎日入れるようにしている。まだ、できていないけど・・・なるべくなら外に出ようと思っているけど、やっぱり自然と家の中での運動になってしまうが、まあ、やらないよりはマシだろう。
「健康に生きる」ということをあらためて色々と考えてみているけど、なかなか答えは、みつからない。まあ、体がこうしたいといっていることに耳をかたむけ、実行していくことが大事なんだろう。といっても、体は、なかなか本音を話してくれないので、その点は、知識や実際にやってみることで、その結果を観察しながらやっていくしかない。
今日の家庭教師の体験は、なかなか新線だった。お父さんがケニアの人。ハーフだ。やっぱり黒人の人の遺伝子って強いんだなぁ。それとわかる容姿。小学六年生で不登校だというけれど、確かに目立ってはいるだろう。6年生は、ほとんど学校に行けていないそうだけど、まあ、基本となる学力はあるようだ。もちろん、学校に行って教えられていないなりの粗はある。ただ、勉強の能力自体は、問題なさそうなので、教えればできそうだ。まあ、定着率の問題はあるけれど。そのへんは、やってみないとわからない。東海大相模だったら、なんとか受かるところまで、もって行けそうな気がした。まだ、一回しか見ていないので、体調の悪さが、どのくらい続くのか、その波の幅とか、いろいろとやってみなければわからないこともあるけれど。さて、採用されるかな。まあ、興味のもてる生徒ではある。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。