So-net無料ブログ作成

シンプルノート→音声入力→エバーノートのすすめ ~ITに『タイムラグがある』とは~ [IT全般]

IT機器というのは、すぐに使えるようで、実は、かなりの『タイムラグ』があります。それに慣れてしまって、気にならなくなっているところもありますが、実は、かなりのロスをしているのです。iPhoneの登場は、それまでのパソコンから、その点を大幅に改善したというのが一番の大きな革新だったのかもしれません。「デジタルより紙のほうが便利」というのも、その辺にも、ひとつの解がありそうです。

 

例えば、エバーノートは、非常に便利なツールで、気にいって使っているのですが、いざエバーノートに書こうとすると、書き始めるまでに、かなりの時間がかかることがわかります。 それは、たとえパソコンを立ち上げていたとしても、ソフトを起動たら、いきなり同期が始まったり、反応するまでに時間がかかったりといったことが、頻繁に起こります。スマホやタブレットのアプリでも、エバーノートは高機能な分、かなり重いアプリになっています。もう、そのこと自体にも慣れてしまって、割と平気で待っているのですが、実は、この待ってる時間というのが、かなりのロスということが最近わかってきました。

それは、シンプルノートと言うクラウドのメモツールを使うようになったからです。こちらは、非常に軽いクラウドのメモサービスで、すぐに使い始めることができます。これを使うようになって、メモの書き方がずいぶん変わりました。メモを書き始めるまでの時間や苦労が、まったく違うのです。このサービスを使っていると、これまで、エバーノートに書くために、かなりの時間をロスしていたことが、あらためてわかりました。

そこで、現在は、その2つのサービスを組み合わせて使っています。それに慣れてくると、メモ用に使っていたポメラから、クラウド上の移動すら面倒に思えてきます。このように、よくよく考えてみると、今のITは、まだまだロスが非常に多いと感じるようになりました。

シンプルノートを使うようになって、もうひとつ変わったことがあります。それは、音声入力を今まで以上に使うようになったことです。

Apple Watchを使うようになって、音声入力をたくさん使うようになりました。特に、短いメッセージなどは、Apple Watchで気軽に入力して送信することができます。また、メッセージだと会話に近いので、気心の知れた相手だと、多少の間違いは気にせずそのまま送ってしまえます。それでも大体理解してもらえますし、伝わること自体が大事だからです。

でも、メールやある程度の長文になると、Apple Watchの短文だけではやはり入力しづらい。その場合はせめてiPhoneくらいの画面や能力を使っての音声入力が必要になります。これも入力の手軽さにあるのですが、iPhoneのシンプルノートのアプリで音声入力をしてしまえば、すべての端末に、ほぼリアルタイムで送信されます。

実際、iPhoneで音声入力すれば、パソコン側のシンプルノートに、ほぼリアルタイムで入力されています。もちろん逆もそうで、パソコン側の変更も、すぐにiPhoneで反映されます。これが、非常に便利です。iPhoneで入力した音声入力を、シームレスにパソコンで活用することができます。
 

どうしても音声入力だと文字を修正する必要が出てきますが、この連携を使うとおおまかな入力は音声入力で行い、あとの修正をパソコンのキーボードでやるという連携ができるようになりました。最近、持病の影響で、キーボード打つのが、ちょっと大変になってきましたが、この方法を使うことによって、かなり楽に長い文章を入力できるようになりました。

ただ、シンプルノートは、本当にシンプルで、テキストしかあつかえません。最近は、どうしても文字の色を変えたり、大きさを変えたりすることの便利さを身にしみて感じているので、その辺の事はやはりエバーノートが有利です。

ということで、今のところは、シンプルノートとエバーノートを連携さして使っています。ひとつのサービスで、すべてをまかなえると良いとは思うのですが、実際は、こうして、いろいろなサービスの利点を組み合わせて使っていくのが現実なのでしょう。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。