So-net無料ブログ作成

次は、ファブレットと腕時計型ウェアラブルの組み合わせ? [iPhone iPad]

WS000456.JPG

アップルが画面サイズが5.5インチの iPhone6 Plus を発売しました。

従来のスマホと小型タブレットの間にあたる「ファブレット」と呼ばれる大きさの端末です。

私自身、ギャラクシーノートというファブレットを気に入って使っています。

iPad mini を持ち歩くまでもない、ちょっとした外出の時に持って行くサイズとして、なかなか良いのです。

ただ、ファブレットが大きすぎるという不満が出てきているのも事実。

iPhone6 Plusに「大きすぎる不満」 伊集院光「何かの拍子にぶん投げちゃう」 : J-CASTニュース 


実は、私の場合も、いつも首からiPhone5sをぶら下げているので、スマホの位置づけとしては、軽いスマホとしてのiPhone5sが残った上で、小型のタブレットという位置づけで、ギャラクシーノートを使っています。

じゃあ、ギャラクシーノートだけで、すごせるかというと、ちょっと辛い・・・



そこで、腕時計型のウェアラブル端末の登場です。

ギャラクシーノートには、ギャラクシーギアという腕時計型のウェアラブルもあって、それも使っています。

まあ、ファブレットと腕時計型ウェアラブルの組み合わせというのも、ありだとは思います。

カバンの中にファブレット、そして、ちょっとしたことは、腕時計型ウェアラブルで済ませる。

ウルトラ警備隊みたいになりますが、電話もできます(>_<)

アップルもアップル・ウォッチを iPhone6 Plus と同時に発表したので、方向としては、この組み合わせを狙っているんだと思います。

ただ、実は、ギャラクシーノートとギャラクシーギアの組み合わせを持ち歩きながらも、首から下げているiPhone5sというスマホがメインである事実は変わりません。

というのは、やっぱり腕時計型ウェアラブルでは、情報量が少ないし、操作性も限られるので、どうしてもスマホレベルのものが、手元に欲しいのです。

ということで、軽いスマホが欲しいという話に繋がっていくのです。

もちろん人によって使い方は変わってきますから、その人にあった組み合わせというのは、個人差があることは確かです。



最後に、ファブレットとして、iPhone6 Plus を見ると、やはり、後発、後追いという感覚がぬぐえません。

最近、迷走しはじめているサムスンですが、やはりファブレットとしては、先行しただけあって、ギャラクシーノートのできは、なかなか良いと思います。

ペンを使った手書き機能など、かつての電子手帳、日本でいうならザウルスのコンセプトを引き継いでいる感じがします。

それに比べて、iPhone6 Plus は、ただ大きさがファブレットサイズになっただけで、ファブレットとしての面白さを追求しているようには思えないのです。

また、腕時計型ウェアラブルとしても、発表された内容だけを見ると、アップル・ウォッチには、機能的に特別な面白さがあるわけではなさそうです。



これから、スマホ、ファブレット、小型タブレット、タブレット、そして腕時計型ウェアラブル、メガネ型ウェアラブルなどの新しい端末によって、モバイル機器の再編が始まりそうな予感です。

ひょっとすると数年後には、今とは、まったく違う組み合わせで、使っているかもしれません。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。